兵児葉寿司おこし本舗
HEKOHAZUSHI
             
330年の歴史のある銘菓

 文献によると、創業は延宝7年(1679)11月3日(4代将軍・徳川家綱の頃)、中国の欣済(きんざい)上人が伝えたと記されています。

 初代からの名前は分からないようですが、現社長の御厨幹正(みくりや もとまさ)さんから数えて7代前までははっきりしているそうです。大村市史料館には、おこしづくり道具の古写真が残っています




兵児葉寿司おこしの名前の由来

およそ300年前、大村藩の殿さまが、あまりのおいしさに「兵児(へこ)」が外れているのも気づかずに食べつづけた、という話からきています。

名前が名前だけに、戦前は兵隊向けの商品として「松原おこし」の名前で売られていました。

昭和63年ごろ、長崎県のアドバイスを受けて「へこはずし」の名前を復活させました。戦前は大村市内で10軒、松原で3軒の店がおこしを作っていましたが、いまでは兵児葉寿司おこし本舗だけになってしまいました。


サクサクとした香ばしいおこし

米粒がふわっとしていて、硬すぎずに食べやすいおこしです。

あっさりとしていますが、黒糖の甘さと風味がアクセントとなっております。



兵児葉寿司おこし本舗
【営業時間】8:00〜17:00
【電話】0957-55-8453
【住所】長崎県大村市松原本町355



 
全1件 整列 : [価格] [製品名] [製造元]
 
番号写真商品名製造元価格ショッピング
 
 
1 へこはずしおこし(黒おこし・ピーナツおこし) へこはずしおこし(黒おこし・ピーナツおこし) 兵児葉寿司おこし1,000円(税込)
 
 

ページトップへ