男の包丁「彩雲」


 
完全オリジナルブランド「男の包丁」

この「男の包丁」は、こだわり抜いた職人が丹念に造り上げる、田中鎌工業だけの完全オリジナルブランドです。

鍛造単に鋼鈑を打ち抜いて作るのではなく、全て一本一本、熟練の職人が厚い三層材を炉で加熱しながらハンマーで延ばし、丁寧に鍛造火造りしています。
軟鉄と鋼を何層にも重ね、包丁の表面に美しい墨流し模様を再現しており、ダマスカス包丁とも呼ばれます。
ダマスカス包丁は地鉄の部分が鋼と何層にもなっている為丈夫で、製品になってからの歪みがほとんどありません。
墨流し模様の美しさとシックな色合いもあって、海外でも大変人気があります。
丁寧に磨きながらお使いいただく事で最高の切れ味を保つ事ができます。
柔らかい素材と堅い素材の絶妙なバランスがあるからこそ、和包丁ならではの切れ味を実現しているのです。
素材の組み合わせは色々な相性があり、まさに500年の歴史を継承する職人技の見せ所です。

柄は、納得の行くまで探し当てたものの、理想のものには出会えなかったため、自ら最高級の黒檀を彫りだして形成し、真珠貝をデザインしたものです。
細部までこだわった、全て手作業の完全オリジナルブランドに仕上がりました。


 
長崎県特産品の松原包丁

「男の包丁」は、長崎県特産品の松原包丁です。 松原包丁はとにかく、「良く切れる」とご好評を頂いています。
トマトや人参、その他あらゆる食品を、「スパッ」っと、ストレスなく切れる心地よさは、一度使って頂くと忘れられないほどです。

ハガネは鍛えれば鍛えるほどに粘り強くなります。 鍛造火造りにより鍛えられたハガネは強度を増し、耐摩耗性が飛躍的に向上いたします。
刃部には加工が難しく、最高の熱処理と研磨を施すと究極の切れ味が出る青紙鋼を使用しております。

和包丁は、「高くて扱いにくい」という印象がある方も多いかもしれませんが、ちょっとしたコツさえつかめば長くご愛用頂くことができ、長い目でみるとお買い得です。
また、ご贈答品としても、包丁・刃物は「神聖なもの・縁起のよいもの」として大変喜ばれています。父の日などの記念日、退職祝いの贈り物としても人気です。
 
お取り扱いについて

・ご使用後は、荒めのスポンジたわし等で洗剤をつけて洗い、水気をしっかり取りましょう。
 乾燥機の使用や、火の使用は、柄を傷めたり、切れ味を損ねたりするのでご遠慮ください。
・目安として、2,3ヶ月に一度砥石で研ぐと切れ味がよみがえります。
・堅いものや冷凍食品を、叩いたり削ったりしないでください。
・長期間ご使用にならない時には、雑誌や新聞等に挟んでおかれますとさびや汚れから包丁を守ることが出来ます。

 
包丁の研ぎ方

1.砥石に充分水を含ませる。
2.ぬれ布巾の上に砥石を置き安定させる。
3.庖丁を砥石に対し45°の角度にし左指を揃えて当てがいます。
4.砥石の面との角度は10°にし、一度決めれば角度は変えないで研ぐのがコツです。
5.片刃の場合は20回研いで刃先に“まくれ”が出来れば直線の方を砥石にピッタリ当て
  静かに“まくれ”がなくなるまで研ぎます。
  両刃の場合は両面を20回づつ程度研いでください。

 
商品名 男の包丁「彩雲」
材質 刃:青紙鋼・多層鋼  柄:黒檀 真珠貝埋め込み
重 量 320g
サイズ 刃渡り:230mm・柄長さ:140mm・全長:380mm
 
お問い合わせ先

田中鎌工業有限会社
住所:〒856-0009 長崎県大村市松原本町371
T E L:0957-55-8551
F A X:0957-55-3983
http://www.e-kajiya.com/


※ 完全受注生産品の為、ご注文を頂いてから1ヶ月程度お待ちいただくことをご了承ください。

本商品はシステムの都合上、1度に1個までしかご注文いただけません。 2個以上のご注文をご希望の場合、大変お手数ですが電話にてご連絡下さい。(0957-54-7637) オペレーターが対応いたします。

商品名 : 男の包丁「彩雲」

商品コード : 17558551001-001

製造元 : 田中鎌工業有限会社

価格 : 54,000円(税込)

数量 :

ショッピングカートに入れる

ページトップへ